本文へジャンプ

ご登録のお手続き|RECAIUS™

利用サービス名

音声合成

業種 (必須)
法人名 (必須)
ご担当者名 (必須)
メールアドレス (必須)
メールアドレス(確認用の再入力) (必須)
ユーザーID (必須)
パスワード (必須)
パスワード(確認用の再入力) (必須)
画像認証 (必須) 画像認証
表示されている文字を入力してください
「RECAIUS」試用のための利用規約

東芝デジタルソリューションズ株式会社(以下「当社」といいます。)が当社のウェブサイト上で公開する東芝コミュニケーションAI「RECAIUS」を試用する場合は、本利用規約をお読みになり、内容に同意した上でユーザー登録をしてください。ユーザー登録をされた方(以下「ユーザー」といいます。)は、本利用規約に同意したものとみなします。

第1条(定義)
「本サービス」とは、当社の音声認識・音声合成・翻訳・対話・意図理解・画像認識・情報推奨などのメディア知識処理技術を融合し体系化した、東芝コミュニケーションAI「RECAIUS」をいいます。
2. 「本ソフトウェア」とは、当社がユーザーに対して本利用規約に基づき本サービスを提供する上で必要となるソフトウェアであって、インターネットを通じてユーザーに提供するツールおよびこれに付帯し提供するマニュアル等の関連資料を合わせたものをいい、将来提供する改訂版および改良版ならびにそれらに付属する関連資料を含みます。
3. 「メディア知識処理」とは、本サービスを構成する音声認識・音声合成・翻訳・対話・意図理解・画像認識・情報推奨のそれぞれの処理技術をいいます。
4. 「入力データ」とは、ユーザーが各メディア知識処理を利用するにあたって入力するテキストデータ、音声データ、画像・動画データ、各種パラメータをいいます。
5. 「出力データ」とは、ユーザーが本サービスを利用したメディア知識処理の出力結果をいいます。
6. 「蓄積・保存データ」とは、出力データの出力傾向をユーザーの意図または嗜好に合わせて調整するために利用できる、ユーザーが入力またはアップロードするデータをいいます。
7. 「辞書・知識データ」とは、本サービスが蓄積・保存データを集計、分析、加工、その他の処理を行うことにより随時作成する個別のデータであり、メディア知識処理時に用いる辞書データおよび知識ベースをいいます。

第2条(登録について)
本サービスを利用する場合は、必要な情報(以下「登録情報」といいます。)を記入・入力して当社に対してユーザー登録の申請を行うものとします。
2. 当社は、前項の登録情報に基づいて、ユーザー登録の申請をされた方にユーザーIDを発行し、これを以ってユーザー登録を完了させます。ユーザー登録の申請をされた方すべてがユーザー登録されることを保証するものではなく、当社の都合によりユーザー登録されないことがあります。
3. ユーザーは、一度だけユーザー登録することができるものとし、複数のユーザーIDを取得することは禁じられています。
4. 第1項の登録情報が正確かつ真正なものでないことが判明した場合、または正確かつ真正な情報が登録されないと当社が判断した場合、当社は、当該ユーザーの利用を停止し、将来にわたり禁止できるものとします。

第3条(ユーザー)
ユーザーは、ユーザー登録後、利用を希望するメディア知識処理のそれぞれにつき当社に対して利用申請を行い、当社は、利用申請の内容を確認した後、ユーザーに対して必要となる認証パラメータ(以下「アクセスキー」といいます。)を発行します。ユーザーは、各メディア知識処理について複数のアクセスキーを取得することは禁じられています。各アクセスキーの有効期限は、アクセスキーの発行日を起算日として、翌月末までとします。但し、当社が別に定める有効期限にて提供するアクセスキーについてはその限りではありません。
2. ユーザーは、本サービスを利用するにあたって入力データ、蓄積・保存データ、辞書・知識データ、出力データ等が当社のサーバに保存されることならびに当社が本サービスの維持、運営、新技術および商品・サービスの開発、性能向上の目的で利用することを承諾します。
3. ユーザーは、登録情報、入力データおよび本サービスの利用状況に応じて表示されるアンケートへの回答内容、蓄積・保存データ、辞書・知識データ、出力データを、当社が集計、分析、加工、その他の処理を行うことにより、広告、宣伝等の目的で利用することを承諾します。
4. ユーザーは、当社に対し、ユーザーID、パスワード、アクセスキー、登録情報および入力データ、蓄積・保存データ、辞書・知識データの削除を要請することはできません。ただし、個人情報についてはその限りではありません。
5. ユーザーIDやパスワードが第三者に利用されたことによって生じた損害等については、当社に故意または重過失がある場合を除き、当社はいかなる責任も負いません。
6. ユーザーは、日本国内在住者に限るものとします。外国為替及び外国貿易法等関連法令に定める非居住者は、ご利用になれません。

第4条(本サービスの内容)
ユーザーに提供される本サービスは、本サービスのウェブサイトに表示されるサービスとします。
2. 本サービスの内容は、本サービスにおいて当社がその時点で合理的に提供可能なものに限られます。
3. 当社は、本サービスの利用状況に応じてユーザーにアンケートへの記入を求める場合があります。
4. 本サービスにおいて、ユーザーの1日または1ヶ月あたりの利用状況等に応じて利用制限を行う場合があります。

第5条(本サービス、辞書・知識データおよび出力データの利用範囲)
ユーザーは、本サービス、本ソフトウェア、辞書・知識データおよび出力データを、自己のサービスのプロトタイプ試作および内部検討の範囲に限り、利用することができるものとします。
2. ユーザーは、本ソフトウェア、辞書・知識データまたは出力データの分析、解析、分解またはリバースエンジニアリング等を行ってはならないものとします。

第6条(本サービスの内容の追加、変更、中止、中断)
当社は、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの内容を適宜追加、変更することができます。
2. 当社は、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの内容の全部または一部の提供を中止できるものとします。
3. 第1項および第2項に基づき本サービスの内容の追加、変更、中止がなされた場合、当社は、これに起因して生じたユーザーの損害につき一切責任を負いません。
4. 当社は、登録情報、入力データ、蓄積・保存データ、辞書・知識データ、出力データの消失(当社による削除を含みます。)に関し、一切責任を負いません。
5. 当社は、ユーザーが本利用規約に違反した場合、直ちに当該ユーザーの利用を停止できるものとします。
6. 当社は、アクセス過多による予期せぬシステム負荷の集中、本サービスの提供のために用いる設備の保守作業、天災等の不可抗力、不慮の事故、法令または法令上の措置、その他の理由により、何らの責任を負うことなく、本サービスの運営および提供を中止または中断することがあります。

第7条(知的財産権)
本サービスおよび本ソフトウェアに関する一切の著作権、商標権、その他の知的財産権は、当社に帰属します。
2. 入力データ、蓄積・保存データ、出力データの著作権は、ユーザーに帰属し、ユーザーは入力データ、蓄積・保存データ、出力データを本利用規約に抵触しない範囲において利用することができます。
3. 辞書・知識データの著作権は、当社または当社にその利用を許諾する第三者に帰属します。
4. 第2項に関わらず、当社は、入力データ、蓄積・保存データ、出力データを第3条第3項および第4項の定めに従って無償で自由に利用することができます。

第8条(禁止行為)
ユーザーは、当社の事前の許諾なしに、本サービス、本ソフトウェアまたは蓄積・保存データ、辞書・知識データ、出力データを使用した営業活動(その準備行為、予備行為を含みます。)を行ってはならないものとします。
2. ユーザーは、本サービスの利用に関連して、以下の各号の行為を行ってはならないものとします。
(1)他のユーザーもしくはその他の第三者、または、当社もしくは関係会社とこれらの役員もしくは従業員(以下、総称して「他者」といいます。)の著作権、商標権、特許権、その他の知的財産権を侵害する行為、もしくは侵害を可能ならしめる行為
(2)他者の財産権、プライバシーもしくは肖像権等の人格権を侵害する行為、若しくは侵害を可能ならしめる行為
(3)自己以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにも関わらずあるものと装ったり、又は他の人物や組織と連携、協力関係にあると偽って本サービスを利用する行為
(4)本サービスのために用いられるシステムに過度の負荷をかける行為
(5)本サービスのために用いられるシステムへの不正アクセス(その準備行為、予備行為を含みます。)行為
(6)本サービスの運営を妨害する恐れのある行為
(7)本サービスを利用する目的以外の目的のために、本ソフトウェアを使用する行為
(8)本サービスの利用に必要な範囲を超えて本ソフトウェアを複製する行為
(9)本ソフトウェアを第三者に譲渡、貸与、その他処分する行為
(10)その他当社が不適切と判断する行為
3. ユーザーは、本サービスの利用に関連して、他者または当社に対し、以下の各号の行為を行ってはならないものとします。
(1)誹謗、中傷、脅迫する行為
(2)不利益、損害を与える行為
(3)信用を毀損する恐れのある行為
(4)違法または違法な可能性を有する行為
(5)その他法令に違反する行為、または公序良俗に反する行為
(6)その他当社が不適切と判断する行為

第9条(ユーザーの責任)
ユーザーは、自己の責任において本サービス、本ソフトウェアおよび入力データ、蓄積・保存データ、辞書・知識データ、出力データを利用し、その結果について一切の責任を負うものとします。

第10条(不保証、免責等)
当社は、本サービス、本ソフトウェアまたは辞書・知識データ、出力データに関して、その完全性、正確性、特定目的への適合性、有用性、安全性等いかなる保証もするものではありません。
2. 当社は、本サービス、本ソフトウェアまたは蓄積・保存データ、辞書・知識データ、出力データに起因して、ユーザーその他の第三者に不利益または損害が発生したとしても、一切責任を負いません。
3. 当社は、本サービス、本ソフトウェアまたは蓄積・保存データ、辞書・知識データ、出力データに関連して発生したすべての紛争について、いかなる法律上の請求原因に基づく場合でも、ユーザーが本サービスの利用に関連して被った損害、本サービスを利用できなかったことに関連して被った損害、蓄積・保存データまたは辞書データの削除および消失に関して被った損害に関し、一切責任を負いません。

第11条(個人情報の保護)
当社は、本サービスの提供を通じて取得したユーザーの個人情報(ユーザーが入力した第三者の個人情報も含み、以下「個人情報」といいます。)を、当社の個人情報保護方針(個人情報保護方針に関しましてはこちらをご参照ください。http://www.toshiba-sol.co.jp/privacy/index_j.htm)に従って取り扱い、本サービスの提供、本サービスに付随するサービスの提供、問い合わせ、質問への回答、アンケートの依頼、情報提供、以後の商談以外の目的のために利用しないとともに、個人識別が可能な状態で第三者に開示、提供しないものとします。ただし、ユーザーが開示に同意した場合、裁判所の発する令状その他裁判所の判断に従い開示が求められる場合、犯罪捜査など法律手続の中で開示を要請された場合は、この限りではありません。
2. 前項に定める他、同「個人情報保護方針」に定めるところにより、当社が別に定める共同利用者と共同利用(個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号。以下同じとする。)第23条第4項3号に定めるものをいう。)を行う場合においては、ユーザーに係る情報を、前項に定める目的、当社と共同利用者に係るサービス提供の目的のために利用することとします。
3. 当社は、ユーザーの個人情報を利用して、ユーザーの属性の集計、分析を行い、かつユーザーが識別・特定できないように加工したもの(以下「統計資料」といいます)を作成し、新規サービスの開発等の業務のために利用、処理することがあります。また、当社は、統計資料を第13条に定める再委託先等に提供することがあります。

第12条(準拠法および裁判管轄)
本利用規約は、日本国法に準拠するものとします。
2. 本利用規約に関し紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第13条(再委託)
当社は、当社の責任において、本サービスの一部を第三者に再委託することができるものとします。
2. 当社は、本利用規約条件上当社が負う義務と同等の義務を当該再委託先に課すものとします。
3. 当社は、ユーザーから受領した情報のうち本サービスを提供するために必要な情報を、当該再委託先に提供することにつき、ユーザーは承諾するものとします。

第14条(反社会的勢力の排除)
ユーザーは、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」という。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
(1)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(2)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(3)自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
(4)暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(5)役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
2. ユーザーは、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。
(1)暴力的な要求行為
(2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
(4)風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
(5)その他前各号に準ずる行為
3. ユーザーが上記表明に反することが判明したときは、当社は何らの催告をせず、ユーザーの本サービスの利用を取り消します。

第15条(その他)
本利用規約に定めのない事項、または本サービスの利用に関して疑義を生じた場合は、当社とユーザーは、互いに誠意をもって協議し、解決するものとします。
2. 当社は、本利用規約をユーザーの承諾を得ることなく変更することができるものとします。

以上
利用規約に同意いただける場合は、「同意する」にチェックを付け「登録」ボタンをクリックしてください。

迷惑メール受信設定により 、RECAIUSからのメールを受信できない可能性があります。
admin@recaius.jpからのメールを受信できるように設定をお願い致します。
キャンセル